高品質ソフトウェアで、社会に貢献する

組織の壁を越えた大きな信頼関係が社会貢献度の高い事業を生み出し、時代の変化を二極化ではなく豊かさに繋げていきます。変化への柔軟な対応と同時に、相反した軸のブレない価値観、姿勢が求められます。信頼される企業はこの矛盾を止揚します。そして、社会を築いていく力となっていきます。私たちが目指すメーカーになるために、【信用】から【信頼】へステップアップする。これが、私たち柊ソフト開発の今です。

代表メッセージ

創業時から携わってきた「通信」という要素技術が、やがて「音声」「映像」といった形に発展。それが弊社の強みとなり、この30年の間、大手電機メーカーを中心とした多くのお客様の信頼を勝ち得てきました。そして「通信」の技術はIoTに進化し、「音声」「映像」といった強みが深化し、製品開発や組み込み系ソフトウェアの開発といった事業に具現化。近年では、私たちの技術が組み合わさって生まれた防災事業が拡大するなど、これまで手掛けてきた事業が、少しずつカタチを変えながら新化し、新たな価値を生み出してきました。今やAI、IoTといった最先端技術から、サーバー、ネットワークといった、社会基盤を支える技術まで対応。【進化】【深化】【新化】という三つの【シンカ】が社会貢献事業へとつながり、企業としての【真価】を生み出しはじめています。

会社は事業のためにある。会社は人が作る。事業を作る過程が、その人にとって幸せにつながる仕組みを会社に作ることが次世代型企業。この思いを共有して会社のコアとなっていける人財を求めています。

柊ソフト開発とは

高品質

柊は古くから魔除け・厄除けに使われてきた。創業当時IT業界は序盤、バグから顧客を守り高品質なソフトウェアを提供したいという想いから社名に柊を使った。

h + s +

柊のロゴは社内公募で作成。なんでも自社で手作りしたいという文化だ。ロゴには、柊の「h」、ソフトウェアの「s」、そして最も大切な「人」の意味が込められている。

老舗ソフトハウス

創業から30年以上、安定した経営を続けている。昭和から平成、令和へと時代が変わっても、理念は変えず、技術を進化させていく。

会社情報

沿革

1986年12月
本金400万円で株式会社柊ソフト開発を設立
以来、五反田を拠点として事業を展開
1987年04月
通信機器(モデム)、機器制御のファームウェア開発に着手
1988年10月
資本金を1,300万円に増資
1990年10月
資本金を2,000万円に増資
1998年04月
資本金を4,000万円に増資
2009年04月
ISO27001(ISMS)認証 取得

2010年05月
シンクライアント端末「Holly Pocket」販売を開始
2010年10月
帝国データバンク優良企業14万社に選出
2011年12月
創立25周年
2014年05月
『教育ITソリューションEXPO』への出展
2015年01月
関連会社『株式会社アスヲミル』設立
2015年04月
業務拡充のため、TOCビル(五反田)へ本社を移転
2018年06月
第一回無担保社債発行 発行金額 5千万円 総額引受人:株式会社みずほ銀行

会社概要

社名
株式会社柊ソフト開発
所在地
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル6F
代表者
代表取締役 石原 聖日
設立
1986年12月20日
資本金
4,000万円
事業案内
情報処理システムの企画・提案および設計、製造
業績
87,900万円(2019年12月期)
従業員数
75名(2019年12月現在)
所属団体
東京都情報サービス産業健康保険組合
取引銀行
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
城南信用金庫

主要取引先
(敬称略・50音順)
アライドテレシス株式会社
イーソル株式会社
株式会社NTTデータ(※アソシエイトパートナー認定企業)
株式会社NTTデータ・アイ
NECプラットフォームズ株式会社
株式会社都築ソフトウェア
日本電気株式会社
ネクシオン株式会社
株式会社ハレックス
日立オートモティブシステムズ株式会社
株式会社日立産機システム
PCIソリューションズ株式会社(※コア・パートナー認定企業)
富士通株式会社
富士通関西中部ネットテック株式会社
富士通ネットワークソリューションズ株式会社
独立行政法人水資源機構、他

アクセス

JR五反田駅から徒歩10分
JR五反田駅西口バス停から直通バスが運行しております。直通バスは、原則平日8:00~20:00の間8分間隔にて運行(土曜日、日祝日、年末年始は運休)
お車でのご来場の際は、近隣の有料駐車場をご利用下さい。※専用駐車場はございません。

〒141-0031 東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル6F

エントリーはこちら

ENTRY